猫冊子

『ねこのきもち』定期購読は買うべき?迷ったら1度買ってみて分かったお得な情報が得られた冊子

ねこを飼っている方なら、ベネッセから出版されている【ねこのきもち】という本を一度くらいは耳にしたり、または既に知っていて現在購入を検討しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか

今日は、現在検討中の方や猫を飼っているけど、わざわざ定期購読して読む内容なのか等々実際に【ねこのきもち】を定期購読している我が家がその内容や感想等を含めご紹介していきたいと思います。

参考になれば嬉しいです。

迷ってるなら【ねこのきもち最新号】お試し読みページがあるからまずはこちらをチェック↓↓↓

ねこのきもち 特典ページ

 

冊子【ねこのきもち】とは

猫ちゃんの「行動、しぐさ、泣き声」をはじめ猫に関する知識を専門的な方々の解説、また猫を飼っている先輩飼い主さんからの「猫あるある話」を織り交ぜながら読むことが出来る、いわばコミュニティ的解説本です。

実際私自身も、猫ちゃんの気持やどうして欲しいのかなんて、なかなかわからないところからスタートしましたが、「ねこのきもち」を定期購読して読む事で「あれ、この症状ってもしかして?!」とか「これって食べ物アレルギー??」って気付く事が高まった様に思います。

だから、わざわざ定期購読という方法でハードルが少し高い様に感じるかもしれませんが猫好き雑誌よりも、より専門よりで病院に行く前の予備知識や猫ちゃんに寄り添える安心感や何より信頼感も増すたしかな冊子です。

ヒトと愛猫の生活情報誌「ねこのきもち」

【ねこのきもち】購読おすすめポイント①

毎号の【ねこのきもち】のテーマが充実

【ねこのきもち】2020年5月号より
猫の熱中症について注意する事等が詳しく書かれていて大変参考になりました。
(余談ですが、右上の黒い物体はうちの黒猫「くるみ」です。)

【ねこのきもち】2020年6月号より
寄生虫のことについても図解や実際の寄生虫の写真で解説してくれているのも分かりやすく飼い主として知っておいてためになる知識が満載です。

【ねこのきもち】2020年1月号より
猫ちゃんも生き物です。いつ、なん時、予期せぬことが起きる事もあります。そんな時は掛かりつけの動物病院へ連れて行く事が出来るのなら良いのですが、想定外の事に慌てず対処するためにも、日頃から愛猫ちゃんの健康を見守る事が出来るのが理想ですねよ。

 

【ねこのきもち】購読おすすめポイント②

【ミニ冊子】付録特典が役に立つ

実は、不定期ながらねこのきもちに付いて来る事がある付録の冊子の中身がとっても充実しているんです!!

例えば、はじめての定期購読に付いて来るのがコチラ

その名も【ねこのしぐさ鳴き声辞典】ベテラン飼い主さんなら既に知っている事や分かる事でも、猫ちゃんを飼い始めてまもない方や、あぁ、この泣き方はこういう意味合いだったのかと納得できる解説が丁寧に紹介されていて、我が家も永久保存版の辞典です。

※写真

【ねこのきもち】2020年2月号の付録冊子はこちらで、具体的な写真と共に病気に関する説明が載っていて、私の猫で今は実家にいるアメショウの「しなもんちゃん」の病気に関する知識も病院で診断された下部尿路の病気もより知ることが出来てやはり専門書の様な情報が詰まっているのが飼い主としては嬉しい知識です。

 

【実用的なおもちゃ】付録特典に夢中

その月々によって色々な付録が付いて来るのですが(ミニ冊子の時もあり)猫ちゃんのおもちゃの時は、無我夢中で遊んでくれます。

【ねこのきもち】2020年6月号の付録は、コチラ「キューブ型 キャットテント」

好奇心旺盛な「くるみ」が占領・・・

付録が付いて来るのは嬉しいけど、冊子プラス付録なら、本屋さんに売っている猫に関する本でも良いのではと思ったなら、ちょっと待ってください!

【ねこのきもち】定期購読おすすめポイント③

会員限定の「獣医師相談室」専用ダイヤルがあるんです!!

そうなんです!私自信猫と一緒に暮らすようになり、アメショウの「しなもん」からかれこれ19年になりますが、1頭、1頭性格も違えば、食べ物の好みや、体調の変化等、まるで違います。これは、私たち人間だって違うのと一緒で猫も、本当にそれぞれが違うので特に、体調管理には気を付けていますが、時に病院に直ぐに行けないけどどうしたら・・・という時に、時間内であれば専用ダイヤルで直接獣医さんに質問することが可能というのが心強いなと思います。

【ねこのきもち】会員専用 獣医師相談室

専用ダイヤル:0570-078-622
受付時間:10:00~18:00
(土・日、祝日、年末年始を除く)

※会員番号必須 ほか詳細は、【ねこのきもち】定期購読の冊子獣医師専用ページをご覧ください。 

ねこの気持ち お申込み手続きのご案内

【ねこのきもち】定期購読の手続きは面倒?解約出来る?

【ねこのきもち】は、定期購読なので契約が必要です。でもそこが気軽に買えないというイメージがあって面倒だよね!!って思う方も多いのではと思います。

確かに、ちょっと申し込みが手間だな・・・なんて感じるかもしれません!

ですが【ねこのきもち】は、いわば会員制冊子という位置づけのため定期購読というスタイルでの購入となります。会員だからこそ専門ダイヤルで直接獣医師さんへ相談できるというサービスは安心感につながります。

【ねこのきもち】はお高い?

1度申し込んでしまえば、後は自動的に自宅のポストまで届けてくれるのですが送料が無料なので本屋さんへ寄ることなくラクチンというのも魅力のひとつではないでしょうか

価格内容は以下
雑誌本体・付録・会員限定サービス・送料・消費税(8%)込みの総額料金になります。

ねこのきもち

現在購読していて思うのは、生活様式も変わった今、自宅のポストに届いてくれるのはそういった意味でも嬉しいシステムだと思います。

解約方法ってどうするの?

会員制の冊子なので、もう必要ないよって感じたら、解約手続きが必要になります。ちなみに、解約は2冊目を受け取った時点から解約可能です。

※1冊のみでの解約は不可になっています。(あくまで定期購読冊子という物なので、1冊は定期購読とみなされない為です。)

ちなみに、我が家の場合主人が購入したいと申し込んでからかれこれ1年近く購読しています。

解約についてなのですが、実はかれこれ10年以上前にも私がはじめて猫を飼った際に【ねこのきもち】を定期購読していて購読期間は忘れてしまいましたが、1年程購読していた時期がありまして、その際に、解約手続きを行ったのですが電話で完結に解約する事が出来たのを記憶しております

【解約方法】

2号冊目が到着したその月の18日までに解約の連絡をする事で購読の中止となります。

『ねこのきもち』お客様センター:0120-929-834 <通話料無料>

※通話料無料電話受付時間 10:00~19:00(日曜・祝日・年末年始を除く)携帯電話・PHS・一部のIP電話からは、086-214-2132(有料)におかけください。

【ねこのきもち】 公式サイトより抜粋

いぬのきもち・ねこのきもち

【ねこのきもち】は会員制の冊子!まずはお試し感覚で購読しませんか

【ねこのきもち】を購入するには、定期購読という購入方法なので最低2回目までの購読が決まりです。

内容的には、獣医さんの解説などが随所に載っており、詳しく解説されて猫の飼い主として知っておくとためになる情報や知識が満載です。

しかも我が家の様に、過去に定期購読していたけれどまた再開する事も出来ますし、1冊のお値段としては高いのかと思いきや、病気の事、身体の事、問題行動や、お悩み相談まで手厚くサポートされた1冊なので、購読を迷っているならまずは1度試しに取って実際に読んでみることをおすすめします。

あくまでも定期購読なので最低2冊の定期購入がお約束ですが、我が家はかれこれ1年は継続中でしす、必要がなければいつでも2冊目以降いつでも解約OKです。

いぬのきもち&ねこのきもち 保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求
ABOUT ME
ネコままmamiya
7歳のセルカークレックス「キャネル」と黒猫の「くるみ」とのドタバタもふもふライフを発信中~ 猫との生活の中で、猫のご飯や排泄、時に餌が合わずにブツブツが出た!猫の性格による人間との相性等々。 単に、可愛いだけじゃない、ほんの少し誰かの為になる猫あるあるを綴っています。 たまに実家にいる19歳の「しなもん」アメリカンショートヘアーも登場。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です